So-net無料ブログ作成
検索選択

ポルトガルギターの名器が日本にやって来た! [ファド FADO]

それは、3月のことでした。

我が家にとてつもなく大きな荷物が届きました。

ポルトガルからです。

箱の状態の写真を撮り忘れたのが悔やまれます。小学生の高学年ぐらいの背丈が

あったように記憶してるけど。。。

その箱の中の大部分を占める梱包材を取り除くと。。。

IMGP0001.jpg

ポルトガルギターでありました。

さかのぼること、2010年の12月に、つっきー先生が生徒さんの楽器の買い付けなどのため

渡葡した際、製作をお願いした工房から、この朝無事日本に到着したのでした。

12月に製作をお願いしたのが、名匠「グラッシオ」氏の工房。残念ながら、グラッシオ氏は

何年も前に引退し、今は後継者の育成に専念されている。で、このギターは、グラッシオ氏の

一番弟子の作品で、氏自ら各工程でチェックを入れることを約束してくださったもの。

IMGP0005.jpg

ポルトガルに行けば、ポルトガルギターは楽器屋さんで購入することができますが、

今回のように、オーダーメイドしてもらう、それもグラッシオ氏の一番弟子に作ってもらう

というのは大変なことです。無事、破損もなく到着したときは本当に胸をなでおろしたものです。

では、その美しいフォルムをしばしご覧ください。

IMGP0003.jpg
IMGP0008.jpg

ポルトガルギターの工房や、著名な製作者については、こちらのサイトに詳しく書かれて

いるのでご覧ください。 → http://esquina-web.com/fado/fado3.html

ちなみに、つっきー先生の楽器は、上記のサイトにも言及されている「カルドーソ」氏の製作。

ただ、生徒さんは関東の方なので、つっきー先生は東京・関東方面でライブをするときは

音を馴染ませるため、この「グラッシオ」をしばらくは使う予定とのこと。

さて、グラッシオ氏、前述したようにすでにポルトガルギターの製作は行っていませんが、

何かを「作る」という行為自体はやはりお好きなのでしょう。ポルトガルギター以外のものを

たまに作られるようです。

2008年にポルトガルに行った際に、引退したグラッシオ氏の「最新作品」を拝見することができました。

doghouse.jpg

ちょっと陰になってわかりづらいのですが、白い倉庫の右隣にある小さな箱のようなモノ。

  「犬小屋

 です。

つっきー先生のポルトガルギターの師匠、アントニオ・パレイラ先生の田舎のうちに

お泊りにいった時、見せていただきました。

ちなみに、この「名匠の犬小屋」に住んでいるのが、この子。

414939_2597566417.jpg

Pirulito。ポルトガル語で「ロリポップ」っていう意味のわんこ。

彼は気に入ってるのかなぁ。


はじめてのポルトガルギター:演奏例CD付 (リスボンスタイル)

はじめてのポルトガルギター:演奏例CD付 (リスボンスタイル)

  • 作者: 月本 一史
  • 出版社/メーカー: M.T.E.C
  • 発売日: 2004/02/10
  • メディア: 単行本
ポルトガルギター・関連グッズの販売サイト
M.T.E.Cショッピングカート



コメント(3) 
共通テーマ:資格・学び

コメント 3

Saudade

はじめまして。
Estudos luso-brasileiros が専攻だった者です。欧州住まいで、多言語を話すようになり、通訳翻訳、講師などもしております。

多元語ブログを繰っているうちに辿りつき、guitarra portuguesaの記事に目をひかれ、拝読いたしました。感動!

コインブラ大学に留学したこともございまして、fadoが大好きです。RTPの放送もキャッチして、ときたま見ております。♪~Lisboa Menina e Moc(s)a~♪ の曲が流れると、うるうるして歌いだしてしまいます。

何度かポルトガルに訪れ、10年ほど前の訪問では、会議の合間をぬって、Lisboaで見つけた専門店に入って、意を決して、guitarra portuguesaを「お土産に」買ってしました。音色と形が大好きで、持っているだけで幸せなのですが、なでることはできても弾けません。
普通のギターでさえ、ピアノを弾く人は指の爪を伸ばすなんて厳禁なので、同時に習ってはいけませんと言われ、楽器はもっていても弾けません。

一応、ピックと、教本というか、5線譜ならぬ、6線の楽譜本は1冊だけ買ってきたのですが、
自分でどうやって習っていいものか見当もつきません。
音楽の都に住んでいるにもかかわらず、ポルトガル大使館に電話してみても、guitarra portuguesaを弾ける人、教えられる人がいないと言われました。

ポルトガルに休暇で1週間くらい滞在して、集中的に「さわり」だけでも教えていただける可能性があればな~と思っております。

素敵なguitarra portuguesaの音にはsaudade感じます。





by Saudade (2011-07-04 18:59) 

kiahuna_moon

>Saudadeさま

コメントありがとうございます。
「音楽の都」とは、ウィーンにお住まいなのでしょうか?

多言語をお話になるって、素晴らしいですね。
私のポルトガル語は、努力しないせいで
後退の一途をたどっております(当たり前ですね。。)

もし、リスボンに滞在されることがあれば、一度
「Museu do Fado」にお問い合わせされてみてはいかがでしょう。
ポルトガルギターの教室があり、短期の受け入れも
あるかもしれません。
http://www.museudofado.pt/
先生は、アントニオ・パレイラ氏か、そのご子息の
リカルド・パレイラ氏です。

私も、Lisboa Menina e Moc(s)a 大好きです~!



by kiahuna_moon (2011-07-05 11:12) 

杉浦 龍登

良いポルトガルギターですね?
私も欲しくて探してますがなかなか手頃な価格では
見つかりません。どこで手に入ると思われますか?
宜しくお願いいたします!

by 杉浦 龍登 (2016-09-12 14:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。