So-net無料ブログ作成

おうちでポルトガル語#1 電話で話そう。 [うちポル]

ブログのタイトルに「ポルトガル語」ってあるんだから、

そろそろ話題にしなさい。

はいはい。

「はい」はひとつで!

今、(非常にたまに)開いているポルトガル・ポルトガル語のテキストは1つだけ。

最初は、頭から進んでいったんですが、やっぱり途中で飽きて止まってしまう。

そこで、やりかたを変えてみました。

適当なページを開いて、とりあえず今日はそこをやる。

これを毎日バスのなかでやっていたのですが、

最近もう乗らなくなったので、おうちですることにしました。「うちポル」。

今日開いたところは、「電話」。(著作権等の問題があり、本のタイトルは伏せます。

また例文も一部変更してます。)

そういえば、ビジネス・イングリッシュには必ず出てくる電話のやりとり。

この本のダイアログのやりとりが、仕事がらみが中心なので、

おお、ビジネス・ポルトガル語かぁ、と、これも気に入っている理由のひとつです。

今回は、例文をいくつかあげてみます。

間違い電話

A: Está? (もしもし)

B: Desculpe, é do 12345678? (すみません、そちら12345678?)

A: Não, É engano. (ちがいます。間違った番号にかけてますよ。)

é engano が、wrong number。 


はい、私ですが。

A: Está? Posso falar com a senhora Kiahuna?
 (もしもし。キアフナさんいらっしゃいますか?)

B: É o próprio. (わたくしですが。)

A: Bom dia, senhora Kiahuna. Fala Perreira.
(おはようございます、キアフナさん、ペレイラです。)

É o próprio が、Speakingです。オフィシャルっぽい言い方ですね。

Fala ~ も、~ is speaking なので使えます。

カジュアルに、Estou だけでもOK。


~にお繋ぎします。

A: Agência de Viagens XXX, boa tarde.
(こんにちは、XXX旅行代理店です。)

B: Boa tarde. Preciso de ir a Lagos amanhã.
(こんにちは。明日、ラゴスに行きたいのですが。)

A: Um momento, faz fabor. Vou lingar à secção de reservas.
(お待ちください。予約係にお繋ぎします。)

Lingar à ~ で、~にお繋ぎします。 

Preciso は、Precidarの1人称。 Precidar de ~ で I need to ~の意味、

~したい、よりは~する必要がある、なので、仕事で行かなきゃならん、

みたいなニュアンスで使っているのでしょうか。


次回、#2は・・・、適当にまたページをめくったところをやります。

Berlitz Language: Portuguese Phrase Book & Dictionary (Berlitz Phrasebooks)

Berlitz Language: Portuguese Phrase Book & Dictionary (Berlitz Phrasebooks)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Berlitz Language
  • 発売日: 2012/08/01
  • メディア: ペーパーバック

Portuguese Vocabulary (Harrap's Study Aids)

Portuguese Vocabulary (Harrap's Study Aids)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Chambers
  • 発売日: 2004/04/19
  • メディア: ペーパーバック

ポチするといいことがあるそうです(嘘)。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ポルトガル語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。