So-net無料ブログ作成
検索選択

古典ファド(Fado Tradicional)の愉しみ #5 アマドールとしての愉しみ方 [古典ファドの愉しみ]

シリーズのタイトルを少し変えました。「古典ファド(Fado Tradicional)の愉しみ。

#1の冒頭で、古典ファドの原語はFado Tradicional もしくは Fado castiço とし、その前提で書き始めたので内容的にはなんら齟齬はないのですが、実際「古典ファド」という言葉は大辞林に載っているわけではなく14,5年前くらいに研究者たちが定義したもので、違う解釈でも使われているからです。違う解釈とは

古典ファド : Fado Classico※

つまりは古いファド、昔のファド、という意味でしょうか。あるいはスタンダード化しているファド。なので、Fado Tradicionalの形式ではない古い曲も古典ファドと呼んでいる場合は、Fado Classicoの意味で使われていると思われます。もし、古典ファド、という言葉を聞かれたときは、どちらの意味ですか?と確認してみるのもよいでしょう。「そんなのどっちでもいい」という人は、ホントにどっちでもいいですよね。でも、このブログを読んで、Fado Tradicionalって面白そう、意識して聴いてみたい!という方は、こだわってみてください(^^♪ 

※でもこのFado Classicoという言葉も定義があいまいで、Fado Classico=Fado Tradicionalとしている資料もあります。 → こちら(Portal do Fado ポルトガル(語)

さて、「こんな愉しみ方がしたい!」と思った私。2年前の夏、リスボンにて。

その年、初めて人前で古典ファドを歌いました。それから、徳島ファド会に寄せて頂いて、徳島ジャズストリートで歌い始めました。今年の冬で3度目になりました。

ギターのコードだけを頼りに、メロディを歌っていくのはド素人に取っては至難の業です。ただ、私の場合、今まであまり「楽譜を見て歌ったことがない」というのがよかったようです。元々フォークソング、カントリー、ロック に親しんで来ました。まあ、これらは「ギターコード音楽」です。それにしても、これらの音楽には「コピー」という言葉が存在します。音源を聞いて覚えてその通りに歌う作業。

ファドにはこの「コピー」という概念はなく、誰かの他の人の歌を歌っても「カバー」といいません。他人と同じように歌っても評価がされないからです。

でも、いきなり自在に歌えるわけもなく、原曲と全然違ってもなんかへんだし、ということでもちろん最初は音源を聞きます。もうひとつ私たち外国人には、「ポルトガル語」という障害があるわけだから、音節や発音の確認に音源は欠かせません。

で、次やることは、覚えたメロディを忘れること。あくまで私の場合ですが、とにかくアカペラで歌います。場所は一番いいのは人通りのない通勤道(笑)。歩きながら、がポイントです。公園で立ち止まってやってみましたが、やっぱり歩いたほうがリズムが取れていいみたい。

伴奏がないと、本当に好き勝手にメロディがでてきます。ただ、いざ伴奏がつくとこの自由さが失われてしまうのですね。あわせなきゃっていう緊張もあるし、実際あわせたらめちゃ音はずしたり。でも、このアカペラ練習がいちばん楽しいなぁ。 本番ではさらに自由度は落ちます。だって、音はずしたら恥ずかしいもの。でも、アマドール(アマチュア、愛好者)だからそれが許される!と思って出来うる限り、練習やリハと同じように歌わないようにします。

今までたくさん通勤途中で歌ってきた歌が、やっぱりいちばん自由に歌えます。歌詞に慣れることは最優先ですね。この年になると、覚えが悪くなってなかなか歌詞は覚えられません。でも、考えようによっては、ひとつ4行詩用の歌詞を覚えたら、歌えるファドは無数にあるってことです。(歌詞がメロディを引きずるので、正直難易度は高いですが。) 

リスボンでは、カザ・ド・ファドでも種類があって、「ファド・ヴァディオ」(Fado Vadio)というのが、来たお客さんがお店の人に歌いたい、と言って順番に歌える店です。ただしお客さんの中にプロもいます。「Fado Amador」というのは、お店の人(完全にアマドール)が歌う、という店もあります。ただ、最近は「Fado Profecional 」という、契約しているプロが歌う店でも、客が歌いたい、といえば歌わせてもらえるところもあります。

そして、アマドールたちはやっぱり古典ファドが好き。私と同じ理由ではないとは思いますが(笑)。 

今回の動画は、Fado Vadioの老舗で、今予約でいつもいっぱいの店「Tasca de Chico」の様子です(真っ暗ですが)。この方はポルトガル人ではないのかしら。それとも撮ったのが観光客?でも最近は海外からのチャレンジも多いみたいです。そんなところも素敵です。 






 

次は「古典ファド」の醍醐味あふれる動画。ずーっと同じ伴奏の手合いで、複数の人が自分の好きな歌詞(笑いが起きているのは歌詞がおもしろいのかな)で歌い繋いでいます。これもTasca do Chicoにて。








古典ファドを聴いてみたい、から、歌ってみたい!に変わってもらえたでしょうか...絶対、退屈なんてしません!歌うたびに発見があります。

次回このシリーズの最終回です。ずっと古典ファドのお話ばかりだったので、最後は番外編で「Fado Musicado」(歌謡ファド)について書きたいと思います。大好きなムジカードがたくさんあります。それもご紹介します。 







ポルトガル情報いっぱいのブログ村はこちら

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ポルトガル語へ
にほんブログ村


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。