So-net無料ブログ作成

#番外編 歌謡ファド(Fado Musicado)の愉しみ [古典ファドの愉しみ]

「古典ファド(Fado Tradicional)の愉しみ」シリーズ、お付き合いありがとうございました。

わかりやすく、を心がけましたが、まだまだピンと来ない部分もあるかと思います。

が、こんなファドの、ポルトガル語の、愉しみ方があるのだ、と心に留めていただければ幸いです。

が、ファドには古典ファドの形式以外でもたくさんの楽曲があります。リスボンのカザ・ド・ファドに行くと、そんなファドももちろんたくさん聞くことが出来ます。定型詩ではない詩を歌うファドは、Fado Musicado(ファド・ムジカード)、歌謡ファドと訳せます。Aメロ、Bメロ、サビがあって、特定の歌手のために作られたり、劇場用の曲として作られたり、行進曲(Marcha)のために作られたりしています。

大ヒットしてスタンダード化して、海外に普及するのもこのFado Musicadoです。サビで盛り上がり、観客と歌手が一体となって大合唱!できるのも、Fado Musicadoの楽しさです。例えば「Cheira a Lisboa」というファドは、リスボンのフットボールの応援歌になっていたりします。

先ほどでてきた「Marcha」というのは、お祭りのときの行進曲で、そのときはブラスバンドなどで演奏されるのですが、2拍子なので、ファドの最小の伴奏形態でもとても頻繁に演奏されます。

海外に進出しているファド歌手などは、オリジナルアルバムを引っさげてツアーに出ます。その人の個性に合わせた新しいドラマチックなFado Musicadoが日々生まれています。

Fado Classico、スタンダードとなったFado Musicadoには名曲が数知れずあります。

では最後に、そんな私の好きなFado Musicadoの音源・動画をご紹介しますね。

リスボンのFC、Benficaのファンが大合唱!「Cheira a Lisboa」




 
ポルトガルでは誰でも知っているスタンダード、「A Rosinha Dos Limoes」(レモン売りのローザ)。このファドは、歌う人の性別で歌詞が変わります。女の人が歌うと「O Marujo Portuguese」 
 
最初の「Cheira a Lisboa」も実はMarcha。サビを覚えてリスボンで現地の人と大合唱!もいいですね。
 
Amaliaもやっぱりいいなぁ。 
 
Marizaの歌う、Fado Classico 「Lisboa menina e moça」。この曲聴くと、リスボンが懐かしくてたまらなくなります。
また、ぼちぼち、ポルトガル語についても書きたいと思います。実は今年また必要になってくるような、こないような。 


ポルトガル情報いっぱいのブログ村はこちら

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ


にほんブログ村 外国語ブログ ポルトガル語へ


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。