So-net無料ブログ作成
検索選択

久保田早紀さんの「異邦人」ファドバージョンのポルトガルギターは誰が弾いているのか? [ファド FADO]

さて、ある程度の年齢の方なら誰でも知っている、昭和のメガヒット、

「異邦人」

私の記憶では、最初SANYOのCMに使われていて、映像にラクダとかモスクとか出てきて、アレンジも中央アジアちっくでした。 ではまずそちらの音源を↓。 映像はポルトガルなんですけど、おいおい説明します(笑)

 


さて、大ヒットしてテレビにひっぱりだこで、町中にこの曲が流れ過ぎ、いつか消費され、久保田さんの露出もすくなくなって行きました。

1980年に久保田さんは「サウダーデ」という、ポルトガル録音のアルバムをリリース。その中で、再び「異邦人」を歌われています。そのバージョンがこちら

 

ポルトガル録音はアルバムの前半のみですが、ファドの楽器編成隊が伴奏をしているのでこの「異邦人」は「ファドバージョン」と呼ばれています。

このアレンジのこの曲が、ファドの「マリア・リスボア」とよく似ている、ということで日本のファド歌手の間で、この曲を続けて歌うというのが10年以上前に(少し)流行りました。せっかくなのでこちらも。




で、久保田さんのアルバム「サウダーデ」に話は戻りますが、 このときポルトガルギターで伴奏しているのは誰だったのかというと…

この人、アントニオ・パレイラさんです。(真ん中。左右は息子さんたち)

parreiras_capa-289x300.jpg

つっきー先生のお師匠さんです。

80年というと36年前か。。。アルバム「サウダーデ」をお持ちの方。ジャケットか中の冊子に写真が載ってたと思うので、見比べてみてください。

そして、この方がこの9月、来日します。

来日コンサートツアープロジェクト「FADO no Japão 2016」

’「FADO no Japão」は、毎年リスボンより若手ファド歌手を招聘し、全国各地で日本のファドミュージシャンたちと共演してコンサートを行うプロジェクトです。プロジェクト元年となる2016年は、リスボンのカザ・ド・ファドを中心に活躍する若手ファディスタ(ファド歌手)ジャクリーヌ・カルヴァーリョと、第1回を記念するスペシャルゲストとしてポルトガルギターの重鎮アントーニオ・パレイラが来日、9月4日より愛媛、大阪群馬東京のコンサートホール、レストラン等でコンサートツアーを行います。’

個々のライブについては、ちょくちょく書いていきたいと思いますが、特設サイトがありますので、まずはそちらをチェックしてみてください!

http://fado2016.mtec-pt.biz/

 

ポルトガル情報いっぱいのブログ村はこちら

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ


にほんブログ村 外国語ブログ ポルトガル語へ

 


サウダーデ(紙ジャケット仕様)

サウダーデ(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト: 久保田早紀,山川啓介,萩田光雄
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2007/05/09
  • メディア: CD


コメント(1)  トラックバック(0) 

コメント 1

阿羅こんしん

初めまして!大好きポルトガル!ワインはマデイラ!エボラのホテルのグランドピアノ、KAWAI!、、、
by 阿羅こんしん (2016-05-11 22:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。