So-net無料ブログ作成
検索選択

堀ポル-2009年8月第1回 [掘りごたつ屋敷]

さて、ずーっとコラムを書いてきましたが、やっとポルトガル講座再開です。引越しあり、風邪引きあり、家族の引越しあり、などでなかなか開催できなかったのですが、場所を「掘りごたつ屋敷」に移して始まりました。そう、なのでオブザーバーの猫たちはいないです。

「掘りごたつ屋敷」というのは、講師のつっきー氏が6年前からそこで「Monthly Radio 掘りごたつ会議」というインターネットラジオを撮り始めたころからそう呼ばれるようになって、まあ、掘りごたつの上にマイクを立ててやってる、っていうところが由来です。最近は「ニコニコ動画」からでも聴けるそうですよ。

なので今回から「堀ポル」です。よろしくお願いします。

で、非常にひさしぶりなので、もう復習しかないです。今回は「現在形の動詞活用」にとどまりました。
穴あき問題をやりました。

Cantar 歌う  (-ar動詞)

  Eu  cant( )  |   Nós  Cantamos
  -------------------
  você canta  |  eles  Cant( )

Tomar 摂取する  (-ar動詞)

  Eu  tomo    |   Nós  tom( )
  -------------------
  você tom( )  |  eles  tomam

Viver 生きる (-er動詞)

  Eu  vivo     |   Nós  viv( )
  -------------------
  você viv( )  |  eles  vivem

ちなみに、ライブ(Live)のことを、ポルトガル語ではVivoといいます。直訳なのね。

Vencer 勝つ (-er動詞)

  Eu  ven(  )   |   Nós  vencemos
  -------------------
  você vence  |  eles  vinc( )

Partir 壊す/出発する (-ir動詞)

  Eu  part( )   |   Nós  partimos
  -------------------
  você parte  |  eles  part( )

Conseguir 得る/できる

  Eu  consigo   |   Nós  conseg( )
  -------------------
  você conceg( ) |  eles  vconceguem

答えは次回にします。やってみてください。
ポイントは、
  動詞の活用は「発音ありき」。発音にあわせて「字が変わる」。

謎めいた言葉ですねー。

例えば、日本語で「カ、キ、ク、ケ、コ」にあたる文字をポルトガル語で書こうとすると、

Ca、Ci、Cu、Ce、Co

となりそうなんですが、ポルトガル語の場合、Ciは「si」、Ceは「se」と読むので、「か、し、く、せ、こ」になってしまいます。「カ、キ、ク、ケ、コ」にするには、こうします。

Ca、Qui、Cu、Que、Co

では、逆にCを使って「サ、シ、ス、セ、ソ」にするには、

ça、ci、çu、ce, ço

セジーリャ(Cedilha)と呼ばれるおひげをつけます。フランス語でもみかけますね、これ。フランス語では「セディーユ(Cédille)」といいます。

『動詞の活用は「発音ありき」。発音にあわせて「字が変わる」』の謎がとけました?
これで、Vencerの活用は間違えないはず。

もうひとつ、発音の影響を受ける「ガ、ギ、グ、ゲ、ゴ」も書いておきましょう。

Ga、Gi、Gu、Ge、Go

これもGiとGeがそれぞれ「ji」、「je」の発音になるので、

Ga、Gui、Gu、Gue、Go

となります。これで、今度は「Conseguir」の活用でひっかからないですね。

さて今回は、もうひとつ発音のポイントを習いました。アクセントの置き方なのですが、強調する節(ポルトガル語の場合特になにもアクセント記号がつかなければ、後ろから二番目の母音になります。それを強く言う、っていうのが難しければ、

伸ばそうー

例えば、Eu canto o Fado. だったら、「カーント ぉ ふぁーど」って言うと、伸ばす部分は自然と強く発話され、その後の節は自然と小さくなります。

なんとなくそれっぽく発音できたのに満足して、晩御飯へと流れたのでした。この日は、「きゅうりのもずく和え(きゅうりは掘りごたつ農園採れたて)」と「ゴーヤチャンプルー」と「丹羽の黒豆枝豆(蒸したのん)」でした。



Flash Forward: Portuguese Vocabulary

Flash Forward: Portuguese Vocabulary

  • 作者: Living Language
  • 出版社/メーカー: Living Language
  • 発売日: 2009/09/22
  • メディア: ハードカバー



コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

ポルトガルのワイン再び [猫ポルコラム]

先日、ワイン販売の「株式会社岸本」主催のワイン試飲会にお邪魔しました。

「株式会社岸本」は、オンラインショップ「eurovin(ユーロヴァン)」で、オーガニックワインを中心に販売されてます。

先日のワインのメインは、イタリア、シチリア島のワインでした。
画像-0165.jpg

憧れのシチリア...海産物のイメージが強く、白かなー、と思いきや、赤。しっかりしていてまろやか。
イタリアの肉料理が口の中で暴走妄想する。

が、今日は南堀江「カフェー・ペソア」のマスターとご一緒したので、ポルトガルワインも続々登場。もちろん、先日ご紹介したヴィーニョ・ヴェルデ「NOPA」も。
NOPAと、今回は同じ生産者のバッツシー(BATUSSI Alentejano Reserva)、ドウロワインのガルディアン(Guardião Douro)の3種類を頂きました。
画像-0162.jpg

個人的にはBATUSSIのReservaが気に入ったのですが、Reservaではなくスタンダードの方がスパイシー、と聞いて、お持ち帰りはそちらにしました。もう、このあたりで、口の中はもうどんなんでもいいから「肉!」になってくる。

ポルトガルワインの方は、eurovinの別館「ワインポルトガル館」で注文できます。なんと今、NOPA・BATUSSI(Reservaでない方)・Guardiãoが夏のセール中です。ビールもいいけど、ギンギンに冷やしたヴィーニョ・ヴェルデで酸味のあるさっぱりしたお料理や、赤ワインで肉!で、この夏を乗り越えるのもいいかも。それにしてもコストパフォーマンスがよすぎです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。