So-net無料ブログ作成

小さなファドの夜 [ファド FADO]

新年あけましたね。おめでとうございます。

今年もしばらくは、「猫ポルコラム」をお楽しみいただければと思います。

以前、「ポルトガルの音楽」という記事で、ファドのことを少し書きました。というか、

ファドのイベントのご案内の記事だったのですが。

個人的には、初めてファドを聴いたのは1999年、リスボンでした。なんの先入観もなく。

1人でポルトガルを旅して、リスボンに戻ってきた最後の夜でした。

ポルトガルで出会った色んな人たちや風景や自身の想いなどが、初めて聞く新鮮な

楽器の音、声、リズム、音律にいざなわれる様に湧き出て、少しほろりとなった記憶が

あります。

ただ、日本に戻って来てからは特にCDを集めるわけでもなかったのですが、縁というのは

不思議なもので、この音楽に関わる人々と知り合うようになり、今は非常に(非常すぎるぐらい)

身近な音楽となりました。

日本で、プロとしてファドを演奏したり歌ったりしている人は、他のジャンルの音楽と比べると

まだまだ少ないようですが、確実に増えているようです。それを証明するかのように、

東京で在京ファディスタ(ファド歌手)が集い歌うイベントがあります。あ、結局イベントの

ご案内なんですけど。。。[あせあせ(飛び散る汗)]

♪ ♪ ♪

2010年2月26日(金)

在京ファディスタ4名による競演
uma noite pequena do Fado ~とある小さなファドの夜

於: 大田区民ホール アプリコ 小ホール
    東京都大田区蒲田5-38-3
    JR蒲田駅より徒歩

開場:18:30(予定) 開演:19:00(予定)
前売¥4000 当日¥4500 前売ペアチケット¥7000

出演(各50音順)
ファディスタ:鹿糠ちはる 高柳卓也
       Mauro Neves Jr. 峰万里恵
ポルトガルギター:月本一史(Esquina do Som)
ギター:水谷和大(Esquina do Som)
ベース:伊代田大樹

♪ ♪ ♪

チケットなど、詳しくはこちらから。

ファディスタのかたがたの歌は、全員聞かせていただいたことがありますが、

実力派ぞろい、個性的な皆さんなので、いろんなファドを聴かせていただけると

私も楽しみにしてます。

もちろん、全員、ポルトガル語で歌われます。

東京・関東方面の方、ご都合が合えばぜひぜひ。Kiahuna_moonも

会場をウロウロしてると思います。

Portugal: The Story of Fado

Portugal: The Story of Fado

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Capitol
  • 発売日: 1997/07/29
  • メディア: CD

コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。