So-net無料ブログ作成

くいだおれ人形をすりぬけてポルトガル [ファド FADO]

3月21日(日)に、大阪の道頓堀で「大阪ポルトガル文化祭」というイベントがありました。

久々に道頓堀を歩いたのだけれど、そのハチャメチャぶりにびっくりしました。

大阪の人間だけど、あれは引きます。もうテーマパークですよ。もちろん、大阪以外から来られた

人には楽しめると思いますが。まあ、都会というのはそういうものかもしれません。以前の姿を

サウダーデしていては、発展はないから。

 

さて、「大阪ポルトガル文化祭」は、大いに盛り上がりました。ハチャメチャではなく(笑)。

テーブルがおかれた会場は、さながらディナーショーか結婚披露宴か、っていう感じだったのですが、

開場して、皆がお料理やお菓子やワインやビールをわらわらと買い求めて、テーブルで各自

楽しみ始めて、さてライブが始まる頃見回すと、たまたまテーブルが一緒だった人たちが

ワインやビールを汲みかわしているではないですか。

そんな感じで、開場が温まった頃(熱くなった頃?)、アマチュア枠からのファドライブが始まりました。

練習をサポートさせていただいていたMさんからのスタートでドキドキだったのですが、

「あの人はプロじゃないんですか?」と横に立っていた方から質問受けるほどの堂々のうたいっぷり。

金平糖のフロイス社長さんや、徳島ファド会の方などなど、観客の盛り上がりもあって、いつもより

力の入ったパフォーマンスだったように思います。

プロのステージも、同じ温度保ちつつ、さらにプロならではのステージングで盛り上げて行きます。

MTさんへの野次、「もっとしゃべって~」は受けたなぁ。

3人とも、すごくいいステージだった。東京での緊張感も楽しめたけど、大阪の「みんなで楽しむ」感が

伝染していって、パフォーマンスがぐっとひとつ上のレベルに行った感じ。

 

私は、箕面ビールの今年のペールエールで酔っ払いました。(今年のペールエールはよい出来です!)

酔った勢いで、パオン・デ・ローの大を購入。

140.jpg
 
いやはや。まいった、この半熟度、甘さ、卵黄度。
 
実は、甘乃芙美さんのパオンデローは初めてでした。やはり、日本にはない味でした。
 
 
終わった後は、まさに「祭りのあと」のさみしさ。
 
今年は、日葡修好150周年、ということでいろいろな催しがこれからもあると思いますが、
 
このお祭りに参加したアーティスト、業者のみなさんは、ずーっと地道にポルトガル文化と
 
かかわってきた方々ばかり。
 
今年で浮かれ終わることは当然なく、これからも質の高いものを届けてくれるのだろうなぁと思いました。
 
 

 

 

 

 

 


コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

とても大きな夜でした。 [ファド FADO]

2月26日(金)、東京で「とある小さなファドの夜」という
ホールコンサートに行ってきました。

小ホールだったけど、いっぱいになって、
雨が降ってとても暖かい夜だったけど、ライブ自体もとても
暖かかった。実際に、そういう感想を口にして
いた人もいた。

なぜかなぁ、と思っていたら、ファドの器楽曲で
「ギターへの信頼」という曲を思い出した。

歌手の人が伴奏者を見る表情、伴奏者が
歌手を見上げる視線が、信頼と尊敬と親愛に満ちていて、
出演者たちが楽しんでいた。
自己愛や自己達成感の強い歌い手や演奏者のライブは、それはそれで
ある種のせめぎ合いもあり、スリリングなのかもしれないけれど、
ファドは違うと思った。

ポルトガルで、「ファディスタは伴奏者を大切にしなさい」と
言っていた人がいた。逆もしかり。
ファディスタとポルトガルギターとビオラ(ギター)だけの
小世界が作り上げる、深く大きな世界なのだろう。

私は、昔っから、楽器編成の少ない(音の少ない)音楽が
好みみたいだ。(ぶあつい商業ロック・フュージョンとかAORは嫌い)

ファドの大ファン、ってわけではないけれど、
ホールで聴いたからか、楽器の少なさ、1人きりで歌う、
このファドという音楽が、とても魅力的に映った。

ピンと張り詰めた緊張から溶け始める歌手たちの
歌の流れみたいなものも楽しめた。

来月は大阪で、似た編成のライブがある。でも大阪は「お祭り」。
色んなポルトガルの出店も出るし、また違った「暖かさ」のあるイベントに
なるのだろうな。

Amalia No Cafe Luso

Amalia No Cafe Luso

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI Int'l
  • 発売日: 2001/01/16
  • メディア: CD

 


コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。