So-net無料ブログ作成
検索選択

アントニオ・タブッキ氏、逝く。 [ポルトガル書籍・辞書など]

2012年3月25日、イタリア小説家のアントニオ・タブッキ氏が亡くなりました。

享年68歳。早すぎる死です。

初めて読んだ彼の小説は「インド夜想曲」。これの映画化されたものに、私の好きな

フランス人俳優、ジャン・ユーグ・アングラードが出ていたのでビデオ屋さんで

借りたのがきっかけです。

きっとこの原作の小説は、美しいに違いない、と感じて本を手にとりました。

その後、ポルトガル三部作「レクイエム」「供述によるとペレイラは」

「ダマセーノ・モンテイロの失われた首」は生涯の愛読書となりました。

何度読んでも面白いし、新しい発見がある。

観光ガイドブック」としての使い道まである。

「レクイエム」に出てくる、公園、建物、美術館などを、リスボンに行くたび

少しずつ訪ねたりもしました。

最期は、そのリスボンでした。これも縁なのでしょうか。

須賀敦子さんの名訳もあります。彼女はさらに早くに逝ってしまわれました。

新作はほとんど翻訳されていません。

それが少しさみしいです。

死がきっかけで、というのはあまりうれしいことではありませんが、

新刊の翻訳本が、出版されることを願ってやみません。

インド夜想曲

インド夜想曲

供述によるとペレイラは… (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

供述によるとペレイラは… (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

  • 作者: アントニオ タブッキ
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2000/08
  • メディア: 新書
遠い水平線 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

遠い水平線 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

  • 作者: アントニオ タブッキ
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 1996/08
  • メディア: 新書
ダマセーノ・モンテイロの失われた首

ダマセーノ・モンテイロの失われた首

  • 作者: アントニオ タブッキ
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 1999/03
  • メディア: 単行本
    レクイエム (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

レクイエム (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

  • 作者: アントニオ タブッキ
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 1999/07
  • メディア: 新書


コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Principe Real は素敵なところ。 [ポルトガル情報]

30日にポルトガルに発ちます。

約2年ぶりです。

今回も、短期アパルトメントに泊まることにしました。

前回けっこうトラブルのあった、Travelling To Lisbonを

また使います。トラブルの後の対処がよかったというのもあります。

それに、持っている部屋の数がやはり圧倒的に多いです。

今回は、リスボンのPrincipe Realという住宅地。

地下鉄の駅も、ショッピングモールも近いし、閑静な住宅街です。

目の前は広場で、近くに有名な公園があります。

また、部屋や周辺地域のスポットリポートしますね!


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。