So-net無料ブログ作成
検索選択

モラエス、来徳100周年 [猫ポルコラム]

ポルトガルの軍人、駐日領事、そして文筆家である ヴェンセスラウ・デ・モラエスが、晩年を過ごすべく、神戸の港から徳島に旅立ったのが、1913年7月1日、今から100年前のことです。

モラエスさんのゆかりの地を、改めてまわってみました。初めての場所もあり。

行きのフェリーで「孤愁」を読みながら気分を盛り上げるつもりが、村上春樹の新作を読んでしまった...


モラエスさんの好きな、私も好きな、滝の焼き餅を食べ、


「モラエスさんの花」を愛で、


山歩きが好きなモラエスさんの散歩道を辿る。ここは八坂神社。




潮音寺で、モラエスさん、およねさん、コハルさんのお墓参り。


モラエスさんが愛した、瑞巌寺の庭園を今回初めて訪ねました。




その夜は、100周年を記念した、ファドのライブ。


7年前から、モラエス検証の一つとしてファドを歌い始めたMTさんとカンノさん、そして東京から高柳卓也さん、つっきー先生で、充実の時間でした。

デビスカップ速報 [猫ポルコラム]

Rui Machado選手のFacebookページより。

Hoje, eu e o Gastão Elias ganhámos o encontro de pares por 63 60 62. A Seleção já garantiu a vitória nesta eliminatória contra a Lituânia pois já está 3-0.

RuiとPepe(Gastão Elias )のペアは、ストレートでリトアニアペアを下し、3勝としました。

これで次の試合に勝てば、GroupⅠへの昇格を賭けた入れ替え戦です。

若手も伸びてるし、Ruiもケガから復調しているので、行けるかも。

日本vsポルトガルも見たいです。

あ、でも日本(現在GroupⅠ)はその上のワールドグループ目指してるんで。

デビスカップのドロウは、

http://www.daviscup.com/en/draws-results/world-group.aspx

ポルトガルはGroupⅡ、日本はGroupⅠをクリックしてください。

それから、RuiとPepe は4月27日からエストリルで始まる、ポルトガル・オープンに多分ワイルドカードで出ると思うんで、これも楽しみ~!
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ポルトガルのテニス 最新情報 [猫ポルコラム]

最新情報っていっても、ここのブログぐらいしか誰も(日本では)書いてないので(汗)...

さて、今週末はデビスカップウェーク。

ヨーロッパ・オセアニアゾーンGroupⅡのポルトガルは、リトアニアと対戦していて、現在シングルスで2勝しています。

その先陣を切ったのが、

Gastão Elias

gastao.png

いやあ、チェックしてなかったです。

ATPのプロフィールを例によって訳しますね。

”ニックネームは「ペペ」。4歳の時から父と一緒にテニスを始める。ポルトガル語、英語、スペイン語を話す。父のGastaoはビジネスマンで、以前はモトクロスの選手だった。母のDoloresは彼女の父親と一緒に仕事をしている。妹のBeatrizはフロリダのBradenton、ブラジルのサンパウロ在住。好きなトーナメントはエストリル・オープン。憧れていた選手はジェームズ・ブレイクとロジャー・フェデラー。趣味はビデオゲームサッカー、サーフィン。小さいころは「アイスホッケーの選手になりたかった。なんでかわからないけど」。好きなサッカークラブは、スポルティング・リスボン、リヴァプール、レアルマドリード。フィジカルトレーナーは2009年からCassiano Costa。”

いつも思うんですが、ATPのプロフィールに何で家族の職業まで書かれるんでしょうかね。

1990年生まれの22歳。錦織君とだいたい同級なんでしょうかね。

現在ATPツアーランキング133位。

ポルトガルNo.1のJoao Sousa(23歳)と並んで、期待大です。

Vamos, Pepe!!

今日は、以前ご紹介したRui Machadoと組んでダブルス出場です。

ちなみに、日本も現在2勝。今日は添田選手・内山選手ペアのダブルス。デビスカップはダブルスが鍵といわれてるので、この2試合、見逃せません!(※日本チームの試合はWowowで放送がありますが、ポルトガルの試合は現地お住まいの方以外は、ネットTV探すしかないか。。。)

レアル・マドリード vs FCバルセロナ 因縁の100年史

レアル・マドリード vs FCバルセロナ 因縁の100年史

  • 作者: アルフレッド・レラーニョ
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2012/12/28
  • メディア: 単行本



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。