So-net無料ブログ作成

【続】「リスボンに誘われて」と「リスボンへの夜行列車」 [ポルトガル書籍・辞書など]

「リスボンへの夜行列車」を半分読みかけたところで書いた記事がこちら。 

http://necopol.blog.so-net.ne.jp/2014-08-15

このあと完読して、さらに昨日映画「リスボンに誘われて」も見てきました。

これでちゃんと比較できる。 

さて、すでに見た人が映画のラストシーンをどう捕らえるか、と言ってたのだけど「青い鳥は身近にある」とか、「自分が見つかった」とかの解釈にはいたらなかった。これは「恋愛映画」のラストシーンに他ならないから。

原作「リスボンへの夜行列車」を読んでから行ったのが最大の後悔かも。これは逆のほうが絶対よい。

個人的な感想にはなるが、原作で感じられる、主人公の書物や言語への愛や執着がそぎ取られているため彼の行動の「必然性」が「(原作にはない)いろんな偶然の積み重ね」に置き換えられているように感じた。悪く言ってしまえば「映画的ご都合主義」。でも長編を2時間にまとめるにはこれはしょうがないし、細かく追っていたら映画的なダイナミックさも失われてしまう恐れもある。

だからこれは、別物、なのだ。

でも、見る順番は気にしたほうがいいかもしれない。上映中イライラと退屈の連続で...実は映画館でようかとまで思ったから(笑)。原作を読まずに観てたら、もっと楽しめたと思う。

ただ、アマデウたちの若き日々の熱さや緊張感と、老いて生き残った人たちとの対比は、「いまここにないもの」への感情「サウダーデ」を感じさせるものだった。とくに老いた人々を演じる男優たちがよかった。若きアマデウの俳優も素敵だったけどね。

わがまま言うと、せりふが英語でさえなければ。

原作「リスボンへの夜行列車」には、映画には登場することの許されなかった(?)多くの重要人物が出てくる。おすすめだし、映画の余韻も増すと思う。本当に順番間違えたわ。

ただ「リスボン」というキーワードだけでタブッキやサラマーゴと並べてしまうとちょっと違和感を感じる。いいか悪いかと言う意味ではなく、質の違う小説だからか。

ポルトガル三部作を書いたり、他にもポルトガルを舞台にした短編を書いているタブッキ。外国人である、という点でパスカル・メルシエとは共通しているが、ポルトガルへのコミットの仕方というか密度・濃度が量的にも質的にも違う。「人を探す」という点で、出だしちょっと似てるかな、と思ったけど、タブッキの寓話的・幻想的な世界観は「夜行列車」にはなく、だからかもしれないが読みやすく、理解もしやすい。哲学小説とキャッチが打たれているが十分娯楽小説だと思う。それもとても良質な。世界的なベストセラーになったのも納得。メルシエのほかの作品も読んでみたくなった。

サラマーゴはそもそもポルトガル人であるけれど、彼の作品にはあまり固有名詞は出てこない。どこか異空の世界の物語のようで、難解な、というか読みにくい文章が私はすごく苦手で。もっともリスボンを描いている「リカルド・レイス死の年」は遅々として進まず(涙)。いやいや、ちゃんと読んで、サラマーゴについてもきちんと話せるようになりたい。

「リスボンへの夜行列車」は、リスボンへの愛、というより「書物と物語と言語」に対しての愛や執着や、それに付随する憎悪に満ちている作品だと思う。本が好きな人や、日常的に本が身近な人は多分「あるある」とうなずくところが多いかもしれない。

言語と言えば、冒頭の方の「Portuguese」という美しい言葉が、映画ではまったく無視された点で、やっぱり、許せん(笑)。


リスボンへの夜行列車

リスボンへの夜行列車

  • 作者: パスカル メルシエ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/03
  • メディア: 単行本

お気軽にポチのほどを。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ポルトガル語へ
にほんブログ村

 


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

From Dubai To Lisbon [ポルトガル情報]

今までのポルトガルへ行く経路は、

日本 → パリ → リスボン

日本 → パリ → ポルト

日本 → アムステルダム → リスボン

の3ルートだけ。意外に保守的。てか選択肢あまりなかったし。

今回初めてエミレイツ航空を選んだので、

日本 → ドバイ → リスボン

となりました。安かったんだけど、全部で20時間以上かかったし、乗り継ぎ後に、乗り継ぎ前とほぼ同じ時間乗る、っていうのが精神的に体力的にきつかったです。

良かった点もありました。それは、

「車窓」。「空窓?」

ドバイを出発後、イランやトルコの上空を通り、エーゲ海、イタリア、地中海、マヨルカ島、スペイン、ポルトガル、という飛行ルート。ずっと日中だったし天気もよく、久々の窓側ということもあり、空撮しまくりました。

相変わらず、往きは一睡もでけへん。でも、満足。

IMGP0016.JPG 

砂に煙るドバイ。

IMGP0019.JPG

 エーゲ海の真珠

IMGP0021.JPG 

イタリア上空 右手が地中海。

IMGP0026.JPG 

ラファエル・ナダルのふるさと、マヨルカ島。

IMGP0032.JPG 

スペイン本土へ。

IMGP0033.JPG 

バタホスあたりからポルトガルへ。オリーブやコルクが見える(と思う。)

IMGP0037.JPG

トロイア半島を過ぎ、大きく大西洋上を旋回してリスボン空港へ。

なかなかこのルート、面白いです。飛行機、長時間大丈夫な方はぜひ。

IMGP0007.JPG
 

るるぶドバイ (るるぶ情報版海外)

るるぶドバイ (るるぶ情報版海外)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2014/09/16
  • メディア: ムック




お気軽にポチのほどを。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ポルトガル語へ
にほんブログ村

 


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アルファマ変貌 [ポルトガル情報]

朝早くから、パン屋さんを探してアルファマ・ラビリンス。

初めて足を踏み入れて、鰯を食べたのが今から15年前。

当然のことながら、町は生きているので変わります。

こんなのが出来ていたり。(もういちど行ける自信はない。)


なんと、トゥクトゥクが走っていたり。
IMGP0005.JPG
カザ・ド・ファドは、老舗が頑張っていたり残念ながら閉めたり身売りしたり、と同時に新しい店が増えて、若い人がたくさんプレイするようになっていたり。

カザ・ド・ファドについては、今回いろいろ行ったり写真もたくさん撮ってきたのでまた改めて書こうと思います。
P1100497.JPG

 

でも、一番変わったのは私自身だったかもしれない。

体力と気力の衰えは止まらない(涙)。

いつか、トゥクトゥクのお世話になるのかなぁ。

 


 お気軽にポチのほどを。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ポルトガル語へ
にほんブログ村

 


モラエスさんとファド 徳島での学習会 [ファド FADO]

以前、日本の徳島で人生の最期を過ごしたポルトガルの元軍人・領事・文筆家「ヴェンセスラウ・デ・モラエス」さんについて、故新田次郎氏とそのご子息藤原正彦氏の合同作「孤愁 サウダーデ」について少し書きました。

http://necopol.blog.so-net.ne.jp/2013-04-14  「モラエス、来徳100周年」

このときは、完読してなかったのですね。この後、すぐに読みきりました。読みやすい本なので、機会があれば皆さんもぜひ。

文筆家の一生を書き起こすとき、むずかしいだろうなぁ、と思うのは、その人の書き残したものがあるということ。特にモラエスさんは随筆を多く書き残しているので、伝記小説を読んでいると、「ああ、モラエスのあれに書いてあったな...」という部分にかなりあたって、これって作品としてどう感じればいいのか読んでいるほうも少し困ります。

そんな中、「孤愁」の中に出てくる「ファド」については、モラエスのオリジナル作品ではまったく見当たらなかったので、「創作かなぁ」と思ったものです。

私もモラエスさんの著作を全部読んだわけではないので、もしかしたらどこかに書かれてあるかも知れません。

ただ、「孤愁」の中で、ファドを懐かしむモラエスさんが、女の人はショールをして歌うのだと回想します。

私の少ない知識の中では、ショールをし始めたのはアマリア・ロドリゲス、という認識があったから、それを思うと「時代が合わない」ってなるのですね。

そんな風にもやもやはしましたが、これをあくまで「伝記的小説」としてしまえば、ファドを思うシーンはとても良いと思いました。

そんな私のもやもやを解消してくれるか否か?こんな講座が徳島であります。

********** 

 【モラエス学習会】

2014年のテーマ「ファド」
モラエス会は、モラエス顕彰のための会ですが、モラエスを顕彰するには、彼の故国ポルトガルを知ることも必要かと考え、今年度の勉強会では、ポルトガルの大衆歌謡ファドを取り上げることにしました。

●第1回【ファドとは何か】
ポルトガルを代表する音楽ファドですが、遠い国の音楽ですから、何かと誤解されている面も多いのではないかと思います。
初回は、様々なファドを聴いてその特徴を捉えながら、ファドの原則についてお話ししようと思います。
2014年9月23日(火) 13:30-15:00
徳島県立文学書道館2F 実習室にて
(徳島市中前川町2-22-1)

第2回【ポルトガルとファドの歴史】
ファドは、都市で誕生、発展していった歌謡曲ですから、民謡と比べて、近現代史の影響が大きいといえるでしょうルトガルの歴史と共に、ファドの歴史を辿ってみましょう。
2014年10月13日(月) 13:30-15:00
徳島県立文学書道館2F 講座室にて
(徳島市中前川町2-22-1)

第3回【モラエスはファドを聴いていたのか】
ポルトガルをご存じなら、ファドもご存じという方は多いでしょう。
ファドは、それほどポルトガルを代表する文化となっていますが、モラエスが聴けるほど古い音楽なのでしょうか?
歴史はあっても、彼に聴ける環境はあったのでしょうか?
そういった謎に、迫ってみたいと思います。
2014年12月13日(土) 13:30-15:00
徳島県立文学書道館2F 実習室にて
(徳島市中前川町2-22-1)

すべて無料 

主催 NPO法人モラエス会

https://www.facebook.com/wenceslaudemoraes 

**********

いやん。いきたいわん。特に第3回!でもすべて平日の昼なのね。仕事休んじゃおうかな(笑)

 お気軽にポチのほどを。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ポルトガル語へ
にほんブログ村

 IMGP0005.jpg


孤愁―サウダーデ

孤愁―サウダーデ

  • 作者: 新田 次郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/11
  • メディア: 単行本
 


モラエスの旅―ポルトガル文人外交官の生涯

モラエスの旅―ポルトガル文人外交官の生涯




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ポルトガルの海水浴 完結編 [ポルトガルで海水浴]

なぜ「完結編」かと言うと、

http://necopol.blog.so-net.ne.jp/2010-07-18 ポルトガルの海水浴 その3

http://necopol.blog.so-net.ne.jp/2009-07-10 ポルトガルの海水浴 その2

http://necopol.blog.so-net.ne.jp/2009-07-09 ポルトガルの海水浴 その1

今までこんな感じで書いてたんです。

で、それまでは「こんな海水浴場がありますよ~」的な記事で終わってたのですが、今回の旅でとうとう「大西洋に浸かった」ので、まあ念願がかなった(?)ちゅうことで完結します。

で、今回はどこのビーチかと言うと、前々から目をつけていたところなのです。

どこで目をつけたか? 

ここから↓

 IMGP0044.JPG

今回初めて、昼間リスボン着で天気も快晴だったため、テージョ川河口の北側にこんなビーチを見つけて写真に収めていたのでした。

で、アパートで今回のいろんなミッションのいくつかが一段落した後、「海行こう!海!!」ってことになりました。アパートにプリンターで印刷した街ガイドみたいなのを大家さんが置いていてくれた中に、なんとこのビーチの情報が。

その名は、「Costa da Caparica」 Googleマップはこちら

情報では、地下鉄「Praça de Espanha」駅 前のロータリーから、「Transportes Sol de Tejo(TST)」(南テージョ交通)のバス153に乗って30分程度。終点なので安心です。チケットはパスロータリーの一番手前のボックスで買うか、バスに乗るときに買います。3ユーロちょいだったと思う。

行程で、「4月25日橋」を通り「クリストレイ」が見えたりするので、観光もいっぺんに済ませられます。

P1100452.JPG 

で、30分後は、

海の家~、みたいな~。

P1100453.JPG 

 

さっそく浜へ向かうけど、これはこんがり火傷するわ、な陽射し・

パラソルとチェア2つ借りるのいくら?と訊いてみると12ユーロ( ビーチが閉まる17時まで、という非常におおらかな時間設定)。一人6ユーロなら安いよね、ということで。

 10469671_572649432846762_8927455178940089764_n.jpg

↑ こんなのが12ユーロ。(※被写体は私ではありません) 

一応証拠写真↓

10644923_569618683149837_2509766859173468754_n.jpg 

で、肝心の海水浴ですが…

浸かりましたよ、大西洋に。

泳げません。

冷たすぎ。波高すぎ。

ちょっと挑戦して波に向かうと、イケメンのライフガードに笛をぴっぴと吹かれる。

でも、「大西洋に浸かる」が夢だった私は、大満足なのでした。

10636128_10203483838030879_2854725490938239181_n.jpg 

連れのファディスタTちゃんの撮った写真! 

で、昼ごはんは「海の(たぶん夏だけ出没する)レストラン」で

10676234_572650369513335_5805907308247622650_n.jpg 

「海の家」と言えば、焼きそばだと思っていた寂しい発想の日本人はたいそう感動したのでありました。

リスボンより、鰯は太ってたし!

これにて「海水浴シリーズ(?)」は終わりです。

多分、もう行かないし(笑)。

でも、もしかしたらまた何かのご縁があるかも。

そもそも、この国には2回目の旅行でもう終わりって、思ってたんだもの。 

 


ポルトガルの海―フェルナンド・ペソア詩選 (ポルトガル文学叢書 (2))

ポルトガルの海―フェルナンド・ペソア詩選 (ポルトガル文学叢書 (2))

  • 作者: フェルナンド ペソア
  • 出版社/メーカー: 彩流社
  • 発売日: 1997/01
  • メディア: 単行本


お気軽にポチのほどを。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ポルトガル語へ
にほんブログ村


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。