So-net無料ブログ作成

寄稿させて頂きました!ポルトガル·ファド コミケ部同人誌「ポルトガルよろず本1°」 [ファド 無形文化遺産]

12月29日~31日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット(通称「コミケ」)89」の2日目(12月30日)で頒布される「ポルトガルよろず本1°」に寄稿させて頂きました。
このブログでたびたび書き綴っていた「ファド無形文化遺産登録」についての公式文書まとめと、4年たった今保護策がどのように進んでいるか現地での個人的な印象をまとめたものです。
お立ち寄りのご予定のある方おられましたら、ぜひ「ポルトガル·ファド コミケ部」のブースにいらしてください!

詳細は以下の通りです。(コミケ部発表より引用)
*************************

東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット(通称「コミケ」)89」の

※12月30日のみの出店です※
西「り」地区 23bブース

にポルトガル&ファド コミケ部として「ポルトガルよろず本1°(44Pコピー本+CD)」を頒布いたします!

内容は
「ポルトガルの絵本」 くまごろう著
「ファド無形文化遺産登録再検証」 kiahunamoon 著
「ポルトガル音楽について ~大航海時代からリスボン大地震まで~」 はるかぜMAX著
「伴奏者から見た古典ファドだいた全曲極私的短評その1」 月本一史著
+イラスト ハタナオキ&小林加代子
+付録CD「MTのポルトガル映画ヨタ話」です。
ご寄稿くださった皆さまありがとうございます。
 そして表紙を描いてくださったのは賢プロダクション所属の声優である内藤有海さんです。

 コミックマーケットはアニメや漫画だけのイベントと勘違いされがちですが、実際には論評、紀行文、雑貨なども同じように出展されており、我が国に存在する趣味を網羅した最大のイベントです。
 しかしながらヨーロッパの各国を扱った紀行文や文化評論が
毎回ブースをもうけているにもかかわらず、ポルトガルに関する出展が長年にわたり一件もありませんでした。
 この事実は日本においてポルトガル文化が趣味として
存在を示せていないことを意味する由々しき事態であると捉え、
これはいかんと今回出展を申し込んだ次第です。

 このアクションがポルトガル文化の扉をひとつ増やす意味合いになればとおもいます。また当選すれば夏のコミケにも出展しようと考えています。



ポルトガル情報いっぱいのブログ村はこちら

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ポルトガル語へ
にほんブログ村


大阪に新しいポルトガル料理専門店 [猫ポルコラム]

タイトルの通り、新しいポルトガル料理屋さんができました。

12月7日オープンです。

昨日がプレオープンで、例によってつっきー先生がご招待を受けていたのでくっついて行って参りました。

場所は大阪市内、本町の西側です。地下鉄中央線阿波座駅と本町駅の間くらい。
この辺りは、仕事でもプライベートでも縁のあった場所なので懐かしかった。

さて、レストラン、そうそう名前は

「カーザ·ダ·アンドリーニャ」

Facebookページがあります。
https://m.facebook.com/casa.da.andorinha/

お料理もワインも、ポルトガルを満喫できます。早くまた行きたいわ。




ポルトガル情報いっぱいのブログ村はこちら

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ポルトガル語へ
にほんブログ村


日本にファドのポータルサイトができました! [ファド FADO]

「ポータルサイト」というのは、いろいろな情報の「入り口」を集めたサイトのことをいいます。

Yahooなんかが代表的ですね。いろんなニュースサイトや動画サイトにジャンプできます。

実はファドにもそういうサイトがあるのですが、当然のこととはいえ、すべてポルトガルから発信されています。

代表的なのは、Portal do Fado 

日本でもファドを演奏する人たちが徐々に増えてきて、日本ではどこでファドが聴けるの?というリスナーも多くなってきた今日この頃、日本のファド情報を主に取り扱うポータルサイトが出来ました。その名も

Portal do Fado Japão (ポータル・ド・ファド ジャパン)

 

portal_top1200.jpg 

 日本のイベント情報、日本全国のポルトガル料理店・カフェ・愛好会の情報、ご当地ポルトガルのイベント情報も網羅されています。

あくまでポータルなので、そこから各アーティストやお店のリンクをたどるようになっているのですが、今までネットで探すものの見逃してしまっていた情報などを拾えるようにするのが目的のひとつだそうです。

掲載を希望した各アーティストが登録して自身の情報を自主的に載せるようになっています。お店も、特にファドのライブをやらないところも「ポルトガル色」を出している個性的なお店が希望されれば掲載されていくとのこと。

ポルトガルやファドに関わる人たちがさらに集まることによって、進化していくサイトなんですね。

この記事を見て、私も、うちも!と思われたらぜひコンタクトしてみてください!

ポルトガル情報いっぱいのブログ村はこちら

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 外国語ブログ ポルトガル語へ
にほんブログ村


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。