So-net無料ブログ作成
検索選択
掘りごたつ屋敷 ブログトップ

堀ポル-2009年9月第2回 [掘りごたつ屋敷]

朝晩は過ごしやすくなりました。

今月もひたすら復習。

英語でいうところのBe動詞、Ser と Estar です。

Ser動詞・・・英語でいうBe動詞だけど、不変的なことや、その人やモノの一部を形成する状況を表すときに使います。

Estar動詞・・・これも英語でいうBe動詞で、一時的な状況を表すときに使います。

まずは、活用。
Ser

Eu sou | Nòs somos
-----------------------
vocé é | Eles são

Estar

Eu estou | Nòs estamos
-----------------------
vocé esta | Eles estão

練習問題は以下のとおり。一度やっているので答えはこちらで確認してください。
1. O pai ( ) em casa. 父は家にいます。
2. Os prédios ( ) altos. それらのビルは高い。
3. O banco ( ) fechado. 銀行は閉まっている。
4. Eu ( ) do Osaka. 私は大阪出身です。
5. A caneta ( ) em cima da mesa. ペンは机の上にあります。
6. O nosso professor ( ) muito simpático. 私たちの先生はとても親切です。
7. Eu ( ) cansado. 私は疲れてます。
8. O João ( ) duente. ジョアンは病気です。

Serを使う場合、Estarを使う場合、のキーポイントである「不変」か「一時的な状態」か、なのですが、例えば「役職」や「肩書き」ってどうなんでしょう。

一生その仕事、っていうこともあるけど、普通は昇進したりその逆もあったり(ーー;)ですよね。だからEstarを使うかと思いきや、これは「Ser」だそうです。

Eu sou professora. (私は先生です。)

Estarは使いません。特に「私は臨時ですよー」っていうのを強調したいときなんかはEstar使うこともあるみたいですけど、まあSerを使っておくのが無難でしょう。

数は11~20をやりました。

11 Onze 
12 Doze
13 Treze
14 Catorze(quatorze)
15 Quinze
16 Dezasseis
17 Dezassete
18 Dezoito
19 Dezanove
20 Vinte

16から、「10と6」「10と7」ってう言い方になるのは、欧州が「16進法」文化であるからなのだそうです。ポンドやマイルがそうですよねー。あれ、でもフランスってキロ使ってなかったっけ。まあいいや。

「e」の発音がなかなか身につきません[ふらふら]

晩御飯は、鶏肉じゃが、砂ズリのガーリックバター焼き、トマトと大葉のサラダ、でした。

絵でひけるビジュアル事典―日本語→ブラジル・ポルトガル語

絵でひけるビジュアル事典―日本語→ブラジル・ポルトガル語

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 国際語学社
  • 発売日: 2009/07
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

堀ポル-2009年9月第1回 [掘りごたつ屋敷]

まだまだ暑い日が続きます。
画像-0056.jpg

さて、前回の答えを書いておきましょう。

Cantar 歌う  (-ar動詞)

  Eu  cant(o)  |   Nós  Cantamos
  -------------------
  você canta  |  eles  Cant(am)

Tomar 摂取する  (-ar動詞)

  Eu  tomo    |   Nós  tom(amos)
  -------------------
  você tom(a)  |  eles  tomam

Viver 生きる (-er動詞)

  Eu  vivo     |   Nós  viv(emos)
  -------------------
  você viv(e)  |  eles  vivem

ちなみに、ライブ(Live)のことを、ポルトガル語ではVivoといいます。直訳なのね。

Vencer 勝つ (-er動詞)

  Eu  ven(ço)   |   Nós  vencemos
  -------------------
  você vence  |  eles  vinc(em)

Partir 壊す/出発する (-ir動詞)

  Eu  part(o)   |   Nós  partimos
  -------------------
  você parte  |  eles  part(em)

Conseguir 得る/できる

  Eu  consigo   |   Nós  conseg(uimos)
  -------------------
  você conceg(ue) |  eles  conceguem

「さしすせそ」と「がぎぐけご」に注意!でした。

今回も、ブランクを埋めるべく「復習」から始まります。
「-ar動詞」 fumar=煙草を吸う jogar=遊ぶ、morar=住む、fechar=閉まる を使って
以下の文を完成させましょう。

1. No Japão os bancos ( ) às 15:00.
2. A Sra. Santos ( ) 15 tabaccos por dia.
3. Nós ( ) num pequeno apartamento.
4. Eu ( ) TV-game todos os dias.

「-er動詞」 ( )の中の動詞を活用させて文を完成させましょう。

1. Você ( ) (aprender = 学ぶ) português
2. Ela ( ) (viver = 生活する ) no Porto.
3. No TSUYU normalmente ( ). (chover=雨が降る)
4. Nós não ( ) (conhecer=知っている) a professora de português.

「-ir動詞」 ( )の中の単語を使い、動詞を変化させて、文を完成させましょう。

1. (o avoâo, partir, às 17:00) o avoâo = 飛行機
2. (eu, não, conseguir, estudar, com barulho) estudar=勉強する com barulho=騒音の中で
3. (o empregado, servir, o café, à mesa) o empregado=従業員 servir=配膳する à mesa=テーブルに
4. (eu, sempre, dormir, até 9:00) sempre=いつも até=まで

すでにやっているので、答えはこちらで確認してください。

次に、1から10までの数字と、曜日。()の中は女性名詞につく場合。
1 Um(Uma) 2 Dois(Duas) 3 Três
4 Quatro  5 Cinco  6 Seis
7 Sete  8 Oito  9 Nove 10 Diz

日曜日 Domingo
月曜日 Segunda Feira
火曜日 Terça Feira
水曜日 Quarta Feira
木曜日 Quinta Feira
金曜日 Sesta Feira
土曜日 Sabado

ややこしいようですが、日曜と土曜以外は規則的な言い方です。Segundaは英語のSecond,
TerçaはThird...つまり、日曜日をFirstとして、2番目の日、3番目の日という感じ。
英語の曜日は惑星から来ているのですが、考えたらその方が難しいのかな。

掘りごたつ屋敷で再開してからは、発話の練習を前よりやってます。強く言う→のばーす、が
今回も好評。会話の練習をしました。

Luisa: Esta noite eu vou a casa do fado. (今夜、カザ・ド・ファド【ファドを聴かせるレストランや
バー】)に行くの。)
Rosa: É verdade? Eu também.(ほんと?私もよ)
Luisa: Posso ir consigo? (一緒に行ける?)
Rosa: Claro! Vamos ouvir fado. (もちろん。ファドを聴きに行きましょう)
Luisa: Não.(それはむり)
Rosa: Porque não? (なんで?)
Luisa: Vou a casa do fado para cantar. (私は歌いに行くから。)

Vouの復習も兼ねてます。ir (行く)ですが、ir + 動詞の原型で、未来形として使えます。
じゃあ、活用も。

  Eu  vou   |   Nós  vamos
  -------------
  você vai   |  eles  vão

今回はこの辺で、私は晩御飯の用意、Kちゃんはつっきー先生からファドのCDをかけてもらって
鑑賞会。

「重い歌ばっかりだと思っていたけど、そうじゃないのね。重い歌は重い歌で、上手な人は
感情を込め過ぎずに歌っている。歌い過ぎてないところがいい。」

私も最近そんなことをすごく感じるようになった。
なので自身もヴォーカルレッスンに通っているKちゃんの耳と感性はさすが、と、感心したのでした。

Milet Mini Picture Dictionary: English - Portuguese (Milet Mini Picture Dictionaries)

Milet Mini Picture Dictionary: English - Portuguese (Milet Mini Picture Dictionaries)

  • 作者: Sedat Turhan
  • 出版社/メーカー: Milet Ltd
  • 発売日: 2005/07/15
  • メディア: ボードブック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

堀ポル-2009年8月第1回 [掘りごたつ屋敷]

さて、ずーっとコラムを書いてきましたが、やっとポルトガル講座再開です。引越しあり、風邪引きあり、家族の引越しあり、などでなかなか開催できなかったのですが、場所を「掘りごたつ屋敷」に移して始まりました。そう、なのでオブザーバーの猫たちはいないです。

「掘りごたつ屋敷」というのは、講師のつっきー氏が6年前からそこで「Monthly Radio 掘りごたつ会議」というインターネットラジオを撮り始めたころからそう呼ばれるようになって、まあ、掘りごたつの上にマイクを立ててやってる、っていうところが由来です。最近は「ニコニコ動画」からでも聴けるそうですよ。

なので今回から「堀ポル」です。よろしくお願いします。

で、非常にひさしぶりなので、もう復習しかないです。今回は「現在形の動詞活用」にとどまりました。
穴あき問題をやりました。

Cantar 歌う  (-ar動詞)

  Eu  cant( )  |   Nós  Cantamos
  -------------------
  você canta  |  eles  Cant( )

Tomar 摂取する  (-ar動詞)

  Eu  tomo    |   Nós  tom( )
  -------------------
  você tom( )  |  eles  tomam

Viver 生きる (-er動詞)

  Eu  vivo     |   Nós  viv( )
  -------------------
  você viv( )  |  eles  vivem

ちなみに、ライブ(Live)のことを、ポルトガル語ではVivoといいます。直訳なのね。

Vencer 勝つ (-er動詞)

  Eu  ven(  )   |   Nós  vencemos
  -------------------
  você vence  |  eles  vinc( )

Partir 壊す/出発する (-ir動詞)

  Eu  part( )   |   Nós  partimos
  -------------------
  você parte  |  eles  part( )

Conseguir 得る/できる

  Eu  consigo   |   Nós  conseg( )
  -------------------
  você conceg( ) |  eles  vconceguem

答えは次回にします。やってみてください。
ポイントは、
  動詞の活用は「発音ありき」。発音にあわせて「字が変わる」。

謎めいた言葉ですねー。

例えば、日本語で「カ、キ、ク、ケ、コ」にあたる文字をポルトガル語で書こうとすると、

Ca、Ci、Cu、Ce、Co

となりそうなんですが、ポルトガル語の場合、Ciは「si」、Ceは「se」と読むので、「か、し、く、せ、こ」になってしまいます。「カ、キ、ク、ケ、コ」にするには、こうします。

Ca、Qui、Cu、Que、Co

では、逆にCを使って「サ、シ、ス、セ、ソ」にするには、

ça、ci、çu、ce, ço

セジーリャ(Cedilha)と呼ばれるおひげをつけます。フランス語でもみかけますね、これ。フランス語では「セディーユ(Cédille)」といいます。

『動詞の活用は「発音ありき」。発音にあわせて「字が変わる」』の謎がとけました?
これで、Vencerの活用は間違えないはず。

もうひとつ、発音の影響を受ける「ガ、ギ、グ、ゲ、ゴ」も書いておきましょう。

Ga、Gi、Gu、Ge、Go

これもGiとGeがそれぞれ「ji」、「je」の発音になるので、

Ga、Gui、Gu、Gue、Go

となります。これで、今度は「Conseguir」の活用でひっかからないですね。

さて今回は、もうひとつ発音のポイントを習いました。アクセントの置き方なのですが、強調する節(ポルトガル語の場合特になにもアクセント記号がつかなければ、後ろから二番目の母音になります。それを強く言う、っていうのが難しければ、

伸ばそうー

例えば、Eu canto o Fado. だったら、「カーント ぉ ふぁーど」って言うと、伸ばす部分は自然と強く発話され、その後の節は自然と小さくなります。

なんとなくそれっぽく発音できたのに満足して、晩御飯へと流れたのでした。この日は、「きゅうりのもずく和え(きゅうりは掘りごたつ農園採れたて)」と「ゴーヤチャンプルー」と「丹羽の黒豆枝豆(蒸したのん)」でした。



Flash Forward: Portuguese Vocabulary

Flash Forward: Portuguese Vocabulary

  • 作者: Living Language
  • 出版社/メーカー: Living Language
  • 発売日: 2009/09/22
  • メディア: ハードカバー



コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び
掘りごたつ屋敷 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。