So-net無料ブログ作成
検索選択
カフェポル ブログトップ

カフェでポルトガル語 ♯4 [カフェポル]

先生は今ポルトガル。出発直前の「カフェでポルトガル語」は、

「命令形」でした。

命令形を使うシチュエーションは、主に「学校」や「家庭」で、

大人から子供へ、夫婦間。それと、親しい仲間うちがほとんど

だそうです。かしこまった場所や間柄で使ってはNG。

あと、道を訊かれたときに答える場合。

では、シチュエーション#1 Tarefas de casa(家事)

Limba a casa  家の中をきれいにして。

Rega as flores 花に水をやって。

Lava a roupa 洗濯して。

Cozinha a jantar  晩御飯のしたくして。

Compra leite  牛乳買ってきて。

家に帰ったら、ダンナに使え、といわれました。

では、シチュエーション#2 Direções (方向)

Sai do cafe. カフェを出て。

Vira a direita 右に曲がって

Segue em frente そのまままっすぐ行って。

先生と別れるとき、カフェを出ると目の前が駅の改札だったので、

Vai em frente. まっすぐ行って。

って言ったら、ウケました(笑)。

シチュエーション#3は、Conselhos (アドバイス

O que tenho que fazer no Japão?

Ouve Taiko.太鼓を聴いて(日本の太鼓はドラムではなく「タイコ」だそうです。)

Bebe Sake. 酒を飲みなさい。

Come Sushi. すしを食べて

Vai a Kyoto 京都に行きなさい。

Faz Ikebana. いけばなをしなさい。

生け花も、欧米のFlower Arrangementとは異なる、IkebanaはIkebana、

とは我が先生の自説。なるほど。

こうやってみると、二人称・三人称現在を使うとよい、っていうのがわかる。

命令している相手の数が変わってくるとまた違うのだけど、そこまでは出来なかったです。


コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

カフェでポルトガル語 ♯3 [カフェポル]

いつものカフェがお休み。

で、お隣のカフェへ。この辺が、この町のすごいところ(梅田近辺某所です。)

今日はこれをやります、と言った感じではしないので、学んだ言い回しなどを

つらつら並べていきたいと思います。

 

Sozinha ひとりで

便利な言葉です。最近「おひとり様」ばやりですからね。

O que vais fazer na proxima férias?

と聞かれて、

Vou para Toquio sozinha para ver o jogo de tenis.

テニスの試合を観に、ひとりで東京に行きます。

以前、比較級で使ったmaisの違う使い方も習いました。

O que mais vais fazer a TOQIO?

東京ではほかに何をするの?

maisは、elseとかone moreとかanotherの意味。

Quere mais uma cervege. だと

もう一杯ビールが欲しい。

うん、欲しい。

Quere mais ~、覚えよう!

さっきの質問にはこう答えました。

Só vou ver o jogo de tenis.

Sóは、Onlyですね。そう、10月、楽天ジャパンオープンテニスを観に行くのです。

Nadalを観に!!!

それ以外はなにもしません。

Não vou fazer mais nada.

 この辺が、リズムよく言えたらいいのですが、まだ途切れ途切れ、と指摘されました。

 

長いこと~していない、という言い方もやりました。

Há muito tempo que não vou a concerto.

コンサートに長いこと行っていません。

Há muito tempo que não como Sushi.

Há muito tempo que não cozihno Sukiyaki.

Há muito tempo que não vou a Hawaii.

もう一つ重要な言い回しが、「~しなければならない。~に違いない。」

dever + 動詞の原型です。ter + que + 動詞の原型と似ているのですが、

それより強いニュアンスがあるそうです。

Deverの活用は

現在 eu devo, tu deves, você deve, nos devemos,

eles devem

過去 eu devi, tu deviste, você deveu, nos devemos

eles deveram

では、例文を

Os billhetes devem ser caro. チケットは高いに違いない。

Quere um computador novo mais não deve barato.

新しいコンピュータが欲しいけど、安くないに違いない。

どちらかというと、主語がモノでの言い方をたくさんやりました。

8月終わりが急に忙しくなり、カフェポルをお休みしたのですが、9月に入って

また再開したいと思います。涼しくなったら、と、毎年言うようには今年は

行かないですね。

 

 


コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

カフェでポルトガル語 ♯2 [カフェポル]

ボキャブラリを増やすために、ダイアログを2つしました。

一つ目は、ir + 動詞の原型 =未来形や、Estar+a+動詞の原型=進行形

が出てくる会話。

Estou a fazer planos para as féras. (休暇の計画を立てています。)

もう、休暇過ごしてしまいました。3日間。

Portugalでは、1年に3週間休暇を取るらしいのですが、いっぺんに取らなくても

夏に2週間、冬に1週間、でもよいそうです。このダイアログもそんな会話でした。

2つ目の会話は、今度は完全過去形が出てきて、

Tu o que fizeste hoje? (今日は何をしたの?)

私が、ずっとブラジル人にポルトガル語を習っていたので、Você の動詞の活用

のみやって、Tuをやらなかった、と言うと先生は、「たいてい後ろにsをつけたら

大丈夫」。でも、過去形は違うのよねー。

出てきた動詞をピックアップして、活用をまとめてみることにしました。

acorder (=wake up)

levantar-se (=get up/wake up)

deitar-se (=go to bed, lie down)

vistar (=visite)

ir (=go)

pertencer (=belong to)

comer (=eat)

recomecer (=restart)

fazer (= do/make)

tirar (=take)

precisar (=need)

alugar (= rent)

customar (=be custom of)

adorar (=adore)

ficar (=stay)

conzinhar (=cook)

desejar (=want/wish)

combinar (=arrange)

ter (=have)

ver (=see/watch)

ler (=read)

saber (=know)

mostrar (=show)

esperar (=wait)

ぎょえー、ってことで動詞活用辞典を買いました。

ちょっとまえのブログ(動詞の活用辞典)で紹介した本です。英葡・葡英辞書も

一緒に。

画像-0228.jpg

 

見たことのない活用(!)まで載っていて、例文も載っていていいんですが…重い!!

カバンに入れてちょっとカフェでお勉強、なんていうのができなさそう。。。

辞書はとても軽くて、基本的な単語中心なので私には使いやすかったです。

さあ、これから活用をまとめなきゃ。現在形と完全過去をとにかく…


コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

カフェでポルトガル語 #1 [カフェポル]

さて、第1回カフェでポルトガル語。

前回の「ふやそうボキャブラリ」(?)は、部屋の中にあるものだったのですが、

今回は、身に着けるもの。これも私あまり知らない。リスボンで服買うことないし(H&M

じゃ店員さんと話すこともないし。。。)

vestido (ワンピース
camisa branca (白いシャツ)
casaco (ジャケット)
calças de ganga (ジーンズ
fato (スーツ)
sapatilhas (スニーカー)

などなど

isto, isso, aquilo, este(esta), esse(essa), aquela(aquela)の復習も

(#0参照のこと)。前回よりは頭が整理されてきました。でも女性名詞か男性名詞か

で一瞬迷うし、複数になると間違えたりします。

今回新しくやったのは、Aqui (ここ), Ali(そこ), Além(あそこ)

Alémって初めて使うかなぁ、と思っていたら、Alémtejo(アレンテージョ)

は、「テージョ川の向こう」という意味だったと教えられ、「なるほど!」

 

会話は、服や靴を買う、という場面を想定して、習ったボキャを使います。

- O que estas a procura? (何を探してるの?)

- Presico de un vestido nove e de un par de xaile. (新しいワンピースと
 ショールをいくつか)

- Quanto costa?

- Uau, são 300 euros.

そして、ここから導入されるのが比較級(comparativos)。~は~より~、ですね。

基本形は、

A  é mais  B do que C.    AはCよりBです。

O chapéu dele é mais caro de que o meu. 
(彼の帽子は私のより値段が高いです)

次までに比較級の文章をたくさん作ってくるのが、o trabalho da casa(Homework)。

うう。

合間に、会話によく使う言葉を教えてもらいました。

- A sario? マジで?

- Sempre いつも
- normamente たいていは
- as vezes ときどき
- raramente めったに
- nunca 全然 しない

I've never been to Lisbon.は Eu nunca fui a Lisboa.

かなり英語が減って、7割ぐらいポルトガル語での説明。頭が燃える。。。

先生は、わからなかったら、

- Não entendi. Repete.

を言うように、と。CDじゃないので「もう1回」って言うのをためらいますが、

そこがプライベートレッスンのよいところなので、恥ずかしがらずに言わなきゃね。

IMGP0208100622.jpg
xaile ファディスタでおなじみ、黒いショールです。
リスボンのデパートで購入。おみやげ物屋で買うより品がいいし、
リーズナブルでした。
 
Oxford Essential Portuguese Dictionary

Oxford Essential Portuguese Dictionary

  • 作者: Oxford Dictionaries
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press
  • 発売日: 2010/05/13
  • メディア: ペーパーバック

コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

カフェでポルトガル語 #0 [カフェポル]

「猫と一緒にポルトガル語」とは別に、プライベートレッスンを始めました。

1回1時間で、カフェで習います。先生はポルトガル人。

第0回は、レベルチェック+無料体験レッスン。

「猫と一緒にポルトガル語」のおかげで、動詞の活用、Ser動詞とEstar動詞の

違いなどは理解していたみたい(あくまで理解しているだけで、活用を正しく

言えるかどうかは別問題...)。

どんなレッスンにしたいかが1時間のうちに見えてきて、私は「理解した文法を

使いたいから『会話』を中心に。そしてボキャブラリーを増やしたい」。

 

説明は英語。だんだん英語は減らしていくよ、とのことで、わぁ、分かるかな。

レベルチェックの中で、苦手なものの一つに「代名詞」があるのが分かった。

まとめておこうっと。

この Este/Esta

Este livro (この本)、Esta caneta (このペン)

その Esse/Essa

Esse livro(その本)、Essa caneta(そのペン)

あの Aquele/Aquela

Aquele livro(あの本)、Aquela caneta(あのペン)

こうやって字面で見るとかんたんそうなのですが、実際に聞くと、聞き取りにくい。

This や Thatって、英語では最初のほうにそういえばやったっけ。ポルトガル語

では、時間をかけてやった記憶があまりないなぁ、そういえば。

で、こんがらがるのが、This penがThis is a pen となったとき、英語はそのまま

Thisを使うけれど、ポルトガル語はここが変わってしまう。

Isto é un livro. (これは本です)
Isso é uma caneta. (それはペンです。)
Aquilo é un caderno.(あれはノートです。)

この場合、名詞につかないので男性形・女性形はなし。

遠い昔、This is a penって何の役に立つ例文なんだろう、って思ったけど、

代名詞はバンバン使うし、やっぱり役にはたっていたんだなぁ。

 

「この」の女性形、Estaと、Estar動詞の二・三人称のestá の発音の違いや、

seu(あなたの、彼の、彼女の)の発音が、私のはcéu(空)になちゃってたりとか、

やっぱりネイティブの人の発音を聴くのはとても大切だと思った。特に顔を

見ながら(CDだけではなかなか。。。)

 

私のボキャが少ないので、今回は部屋の中にあるものと、その場所を言おうと

(前置詞が必要)いう宿題をもらいました。

Onde está a guarda-chuva?  A guarda-chuva está entre a cama e
a cadeira.

うん、これだと単語がいっぱい出てきて覚えられそう。eとéの発音の区別も、頭では

わかっていながら、できていないのを実感。

いやん、定期券とテレフォンカードが分からない。こういうのは本ではなくネットの

辞書かしら。

勉学意欲がわいてきております。次回(第1回)が楽しみです。

 

Complete Portuguese with Two Audio CDs: A Teach Yourself Guide (Teach Yourself Language)

Complete Portuguese with Two Audio CDs: A Teach Yourself Guide (Teach Yourself Language)

 

コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び
カフェポル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。